大阪の生前整理は東大阪の「たよれーる」にお任せ

生前整理の薦め

生前市入りとは?

生前整理とは?
自分の死後に…相続問題や、自分の自宅の遺品整理(空き家問題)、葬儀やお墓などで、家族(遺族)に苦労を掛けないため、自分が生きているうちから、整理しておくことを言います。

生前整理は内容が幅広く、実際にやるべきことも、遺産の額や…家族との関係性、住まいなどの環境によっても大きく変わります。

「生前整理」は自分が死んだ後の家族への思いやりです

自分が死んでしまった後のことなど、どうでもいい…等と考える方もいらっしゃるかもしれません。
でも…自分の死後、家族(遺族)の間で自分の財産で相続が争続になったり、自分の残した財産が存在を知られずに捨てられてしまうとケースなどもあります。
また、自分の死後に自分がこれまで使っていたものは…遺族にとっては処分に困る、お荷物になる事もあります。
モノがあふれる時代。遺品整理は非常に大変です。
“もったいない”の精神からなかなか捨てられず…遺品が膨大になる。
それが、遺族にとっての大きな負担となってしまうのか?
これまで、祖父母、両親、子供といった三世代同居といった世帯も多かったのですが、核家族化が進んだ結果、高齢の一人暮らしも増えています。
必然的に“生前整理を行う重要性”も大きく、残される遺族へ苦労をかけないためにも、元気なうちに生前整理を進めるのは「残される家族への思いやりであり…よい“終活”になるともいえるでしょう。

生前整理の具体的なやり方は?

では、具体的に生前整理はどのようにすればよいのでしょうか?
生前整理は、一人一人、置かれている状況が違うので、確立したマニュアルがある訳ではありません。

状況に合わせた生前整理を行う必要があります。
そこで、一般的にこんなことが考えられるかをまとめていきます。ご自分と照らし合わせて必要なことをお考え下さい。

〇 遺産相続に対する遺言書などの作成
〇 財産目録・エンディングノートの作成
〇 不要なものを捨て、身辺整理をする(断捨離)
〇 不動産…住宅関連の整理、賃貸住宅、持ち家や土地の生前整理


等が考えられます。
遺言書
相続は…“争続”と言われるくらい、トラブルになる事例が増えています。
自分の死後に自分の財産のことで、家族や親戚がもめるというのは故人は望まない事でしょう。

遺言書の作成は…遺族が相続のことで揉めないように自分の意志は残しておくこと。また、生前の内からそうした話をキッチリしておくというのも大切な事です。

また、もし貴方の財産が多いのであれば、相続税対策を早めに考えておくのも大切です。相続税の基礎控除等が見直されて、これまでは非課税だった相続税が課税される対象者が増えています。相続税対策については早めに始めておけばクリアできてしまうケースもあるので早めの対応も生前整理の一つといえるかもしれません。
エンディングノート
みなさんは「財産目録」をご存知ですか?「財産目録」は遺言とはまた別のものです。
「財産目録」とは、要するに自分にはどんな資産があって、それがどこにあるかというもののまとめです。借金がある場合はそれも残しておく必要があります。
インターネットの普及が…かつてのように“証券”という目に見えるものがなくなってきました。株券もすでに電子化されています。ペーパレス化はどんどん進んでいます。
便利な面もある一方で、自分が死んでしまった時、どこにどれだけの財産があるのかが遺族にわからないという問題もあります。
そのためにも、あなたの財産がどうなっているのかがわかる財産目録を作っておくというのは「生前整理
の大切なひとつとなります。
また
「財産目録」以外にも、多様性の高い「エンディングノート”というモノもあります。
「エンディングノート”」は遺言のように法的拘束力はありませんが、ノートなどに、あなたの死後に家族がそれを見ることで、必要な情報をコンパクトにまとめるモノです。
相続を考えるのであれば、遺言書も残しておくことをお薦めします。
断捨離
断捨離やミニマリストなど…ブームとなっていますが、物が捨てられない人は多いようです。
“もったいない”の精神で物が増えているのではないでしょうか。
しかし考えて下さい。その膨大なモノを遺族が整理するというのはとても大変なことです。
あまりにも大変すぎて全部廃棄してしまうという選択をする遺族もいらっしゃいます。
でも、どうせなら自分が大切にしてきたものをしっかりと遺してあげたいという考えもあるかと思います。
その為にも、生前整理をして…不要なものはできるだけ処分して身軽になっておくことはとてもスマートな生きざまになる事でしょう。

生前整理はそれだけではありません。インターネットやパソコン関連のデジタル遺品の扱いも問題になります。
しっかりと遺してほしいデータがあるかもしれませんし、見られたくないデータもあることでしょう。

また、スマホに設定されているパスワードなども遺族を悩ませます。最近は連絡先がデジタル化されスマホに登録されていることも多く、パスワードによって故人と親しい人に連絡できなかったということもあります。

逆に、故人からしたら“見られたくない情報”もあります。そうした情報が遺族に見られてしまう……という問題もはらんでいます。

生前整理としては、見てもらいたいもの、見てほしくないもののデータを分けて管理するといった方法があるくらいでしょうか。最近ではそうしたデジタルデータを管理する「デジタル終活」を始める方も多くいらっしゃいます。
不動産
不動産関連も生前整理としては重要なポイントとなります。 賃貸住宅の生前整理は孤独死での賠償を最低限に食い止めることができます。 たとえば、賃貸住宅であれば単純な話で解約をすればいいだけですが…孤独死などをしてしまった場合、その賃貸住宅はいわゆる“事故物件”となるケースもあります。孤独死の状態によって建物に被害を与え、遺族に請求が行くようなケースもあるります。 子の場合、連帯保証人ないしは相続人に対して原状回復費用や損害賠償請求が求められることになります。そうなると状況次第ですが、家主からは原状回復費用だけでなく、事故物件となったことに対する損害賠償が求められるリスクがあるわけです。 遺族は相続人であれば、相続放棄という手もありますが、この時はプラスの財産もあきらめることになります。連帯保証人であれば、その責を免れる方法はありません。 このリスクを考えるのであれば、孤独死保険といったような保険を利用する手があります。

持ち家なら安心かと思う方もいるようですが、必ずしもそうではありません。 持ち家の生前整理は、不動産が「負動産にならないように 自分の持ち家に引き続き家族が住むというのであれば問題は少ないと思われますが、自分一人という場合は話が変わってきます。最近では“空き家問題”が取り上げられることが増えているように、資産の代名詞でもある“不動産”が遺族にとっての重荷である“負動産”となってしまうケースが増えています。 状況がよく、誰かに貸せる、あるいは売れるような状況ならいいですが、そうでなければ遺族は大変なことになります。誰も住まなくなると、家は急に傷むものです。 将来を考えるなら売却、あるいはそれを視野に入れた対応を考えるのも生前整理の一つとなります。
scroll-to-top